裏側矯正

裏側矯正装置での部分矯正も可能です。舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とも呼ばれ、裏側に装置を取り付けますので、周囲に気づかれることなく治療が可能です。

表側の装置よりも費用はかかりますが、見た目を心配される方には人気の部分矯正の治療法です。

裏側の部分矯正ができないケース(適応でないケース)

咬み合わせが深い
▲噛み合わせが深いと裏側矯正は
できないことがある

裏側が適応にならない方は、噛み合わせが深く、裏側に装置をつけると下の歯にぶつかる(対合歯と干渉する)場合です。このような歯の状態の方は、裏側装置による部分矯正ができません。

それでも見た目が気になる、気づかれたくないという方は、
マウスピース矯正による部分矯正で対応します。

表側に比べ、期間が長くなることがある

前歯の重なり
▲歯の重なりが強いと裏側装置が
付けられないことがあります

裏側矯正装置による部分矯正は、期間が長くなることがあります。

歯が重なっている時などに、裏側の方がブラケットが装着(接着)できないことが多く、隙間を作ってから、装着できるようになるのに時間を要するためです。

保定はリンガルリテーナーも可能

フィックスリテーナー
▲フィックスリテーナー

歯が並んだ後の保定期間は、裏側に付ける固定式の保定装置「フィックスリテーナー」も対応しております。表からは全く見えません。

※噛み合わせの深さによっては適応できない場合があります。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
045-620-6552
平日10~13:30/15~20時 土日祝9~12時/13:30~18時
休診:木曜 *学会・出張等により臨時休診有

カウンセリング予約無料メール相談

診療時間

横浜駅周辺地図
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
谷川ビルディングANNEX館4F

「横浜駅」西口徒歩3分

お車の方は谷川ビルの無料駐車場をご利用ください。