「部分矯正で使う装置はどのような種類がありますか?」これはよくお寄せいただく質問の一つです。ここでは、横浜フォルテ矯正歯科で使用している装置のタイプについてご紹介していきます。

表側の目立たない装置

目立たない装置
▲目立たない装置

前歯の一部に表側の装置を取り付ける部分矯正の方法です。

当院では、表側の装置に、透明なブラケットと審美的な歯の色に近いワイヤー等、目立たない装置を標準で(追加料金なしで)ご提供しており、一般的な金属の装置に比べると、かなり目立ちにくくなっております。

詳しくは当院本サイト「目立たない装置」のページをご覧ください。

裏側矯正

裏側矯正
▲裏側矯正

舌側矯正とも呼ばれ、歯の裏側に装置を付ける方法です。喋りづらかったり、清掃性の点などのデメリットはありますが、気づかれたくないという方は適応になる場合があります。

裏側装置ができないケースは?

詳しくは、裏側矯正での部分矯正のページをご覧ください。

マウスピース矯正

マウスピース矯正
▲マウスピース矯正

透明な取り外し式の装置「マウスピース矯正」も部分矯正ではよく使用されます。目立ちたくない方で前歯のデコボコが軽度な症例は、こちらの装置も選択可能な場合があります。

最も大きなシェアを誇るシステムとして、インビザラインとアソアライナーがありますが、当院では患者さんの要望や予算に合わせて、最適なシステムを提案しています。

マウスピース矯正での部分矯正についてはこちらをご覧ください。

床矯正装置(しょうきょうせい)

床矯正
▲床矯正

取り外しタイプの矯正装置で、半透明のプラスチックと針金で作られています。さまざまなタイプの床矯正装置がありますが、部分矯正で使われる床装置は、主に前歯のスペースを作るタイプのものです。

床矯正装置だけで部分矯正をすることはできず、主にワイヤー矯正と併用されることが一般的です。

インプラント矯正

インプラント矯正
▲インプラント矯正

歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を歯槽骨に埋め込み、そこを固定源にして、歯を動かす矯正方法の一つです。

一般的なワイヤー矯正装置と併用します。強固な固定源を得たいときや、奥歯の部分的な移動(奥歯の部分矯正)によく使用されます。

スプリングリテーナー

ちょっとした歯の移動が可能に

スプリングリテーナー
▲スプリングリテーナー

部分矯正では、症例にもよりますが、リテーナーを使用して治療可能な場合もあります。当院ではスプリングリテーナーを導入しています。

写真のように、歯並びを綺麗にワックスアップして装置を作成するため、しっかり使えば、ちょっとした歯並びのガタガタであれば適応できる場合があります。

そして装置は、歯並びがキレイに並んだ後も、そのまま保定装置(リテーナー)として使用できます。

マウスピース矯正装置(インビザライン、アソアライナー等)でも同様の効果が有ります。スプリングリテーナーは、審美性は劣りますが、丈夫で長く使用できるのが特徴です。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
045-620-6552
平日10~13:30/15~20時 土日祝9~12時/13:30~18時
休診:木曜 *学会・出張等により臨時休診有

カウンセリング予約無料メール相談

診療時間

横浜駅周辺地図
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
谷川ビルディングANNEX館4F

「横浜駅」西口徒歩3分

お車の方は谷川ビルの無料駐車場をご利用ください。