少女
▲子どもの部分矯正は…?

子どもの歯列は、部分的と考えるよりも、将来的なアゴの成長と咬み合わせを考慮した全体矯正を強くおすすめしています。

子どもの矯正治療と大人の矯正治療との大きな違いは、子供は体も顎(あご)の骨も成長途中であるということです。そのため成長を十分に考慮した治療が重要になり、部分的な(一ヶ所だけの)矯正治療は賢明とはいえません。

詳しくは、横浜フォルテ矯正歯科監修の別HP「子どもの歯列矯正ガイド」内の装置の種類ページをご覧ください。

子どもの矯正の1期治療

小児矯正の1期治療(骨格矯正)の目安は約6歳~小学校低学年で、乳歯の時期や、永久歯が生えそろっていない混合歯列期の矯正です。

上下の顎の骨のバランスや大きさを整えて、永久歯がきちんと生える準備をする目的の治療で、取り外し式などいろいろな装置があります。

早めの対処で永久歯での矯正期間(2期治療)が短くなったり、必要なくなる場合があります。2期治療が必要なくなった場合、小児矯正は1期治療の費用だけで済むこともあります。

矯正費用の安さだけに目を向けるのではなく、しっかりと診査・診断のできるクリニック(ドクター)のもとで、子どもの矯正の1期治療をキチンと終えることが、お子様にとっては最善と言えるでしょう。

子どもの部分矯正装置「2×4(ツーバイフォー)」

2×4
▲2×4(ツーバイフォー)

部分矯正という意味では、子どもの第一期治療の矯正治療時に使う装置として、2×4(ツーバイフォー)と呼ばれるワイヤーの部分的矯正装置があります。

主に上下の前歯の整列に、また反対咬合や上顎前突などにも使用します。2本の奥歯を固定源として、永久歯が全て生えそろう前の段階で、前歯4本を動かすために使われます。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
045-620-6552
平日10~13:30/15~20時 土日祝9~12時/13:30~18時
休診:木曜 *学会・出張等により臨時休診有

カウンセリング予約無料メール相談

診療時間

横浜駅周辺地図
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
谷川ビルディングANNEX館4F

「横浜駅」西口徒歩3分

お車の方は谷川ビルの無料駐車場をご利用ください。