成人のすきっ歯の状態にも大きく分けて2つのタイプがあります。

前歯の中央のすきっ歯・正中離開(せいちゅうりかい)

すきっ歯
▲前歯のすき間

前歯の間のスキッ歯は「このすき間を治したい」というご相談をよくいただきます。症例にもよりますが、部分矯正の対象になることがあります。

原因は上唇小帯(じょうしんしょうたい)と呼ばれる上唇と歯肉をつないでいる帯が長いことが原因ですき間を作っていることが多いです。

全体的なすきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)

全体的なすきっ歯
▲全体的なすきっ歯

全体的にすき間がある場合は、症例にもよりますが、全体的にスペースが多い場合は部分矯正では閉じれません。部分矯正だけでの治療完結は極めて低くなり、全顎矯正が適応になります。

全体的なすきっ歯の原因は、主に以下のようなタイプに分かれます。

  • 顎の大きさ(アーチ)に対して歯が小さい場合
  • 歯の数が足りない場合(先天性でもともと歯がない)
  • 咬み合わせ不良によるもの
  • 成長期の舌の癖、指しゃぶり、爪を咬む癖などの要因

ご自身はどのタイプのすきっ歯になるでしょうか。詳しく診断させていただきます。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
045-620-6552
平日10~13:30/15~20時 土日祝9~12時/13:30~18時
休診:木曜 *学会・出張等により臨時休診有

カウンセリング予約無料メール相談

診療時間

横浜駅周辺地図
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
谷川ビルディングANNEX館4F

「横浜駅」西口徒歩3分

お車の方は谷川ビルの無料駐車場をご利用ください。