マウスピース矯正
▲マウスピース矯正

横浜フォルテ矯正歯科では、表側の装置に標準で目立たない矯正装置を使用していますが、それでも部分矯正で目立ちなくないというご要望の方には、症例によりマウスピース矯正装置による部分矯正もおすすめしております。

費用は表側の装置よりも高くなりますが、食事時などは取り外しができ、清掃性もよく、ほとんど気づかれることがないので、部分矯正希望の患者さんには人気のある方法です。

マウスピース矯正についての専門的な説明は、当院監修の「マウスピース矯正ガイド(インビザライン)」で詳しくご説明しております。

前歯の部分矯正に適しているマウスピース矯正

これはマウスピース矯正の特徴の一つにもなりますが、マウスピース矯正装置は、前歯の部分矯正に適していると言えます。マウスピース矯正が適応になるケースは、軽度の前歯のねじれや傾きなどです。そのため、部分矯正が適応になる方の歯並びも軽度の不正な歯並びの方が多いため、適応が同じと言えます。

気になる部分だけのちょっとした矯正であれば、短期間、低料金で治療をうけることができます。

部分矯正によく使用されるアソアライナー

アソアライナー
▲アソアライナー

日本における2大マウスピース矯正といえば、インビザラインかアソアライナーになります。当院では世界、あるいは国内で最も治療実績の豊富なこの2つのマウスピース矯正を採用していますが、どちらかというと部分矯正に関してはアソアライナーのほうが、金額的にも症例的にも適していると言えます。

症例によって使い分けていますが、長期間にわたる本格矯正治療ではインビザラインを、短期間で終わる部分矯正にはアソアライナーを用いることが多いです。

インビザラインは短期間で終わる部分矯正治療などに用いると、患者さんの費用の負担が治療の内容以上に大きくなってしまう傾向があります。

2つのシステムの認定医を取得して使い分けることにより、治療の内容にふさわしい治療費を実現しています。

アソアライナーについては、当院監修のマウスピース矯正ガイド「アソアライナー」のページで詳しく解説しております。

2013年7月よりインビザラインによる部分矯正のプランが登場

インビザライン
▲インビザライン

インビザラインによる部分矯正「インビザライン i7(アイセブン)」がスタートしました。
部分矯正ですので、移動可能な歯は前歯8本だけです。

インビザライン i7という名称が示す通り、マウスピース7枚以内で治療可能な症例に適用が限られます。

インビザラインは元々1枚のマウスピースでの移動量が0.25mmと小さいため、7枚で治療可能な症例はかなり軽度なものに限られます。

インビザラインについては、当院監修のマウスピース矯正ガイド「インビザライン」のページで詳しく解説しております。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
045-620-6552
平日10~13:30/15~20時 土日祝9~12時/13:30~18時
休診:木曜 *学会・出張等により臨時休診有

カウンセリング予約無料メール相談

診療時間

横浜駅周辺地図
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
谷川ビルディングANNEX館4F

「横浜駅」西口徒歩3分

お車の方は谷川ビルの無料駐車場をご利用ください。